Bussiness

事業内容

 

Top > 生産体制

Production System

生産体制

自社工場の生産性向上を目的に、つくられた協働ロボットです。
作業を自動化し、驚くほど早く、正確に。

Reserch&Development

開発設計

『モノづくり』を進化させるために 研究・開発・設計・製造を一貫して社内で手がけています。 従来の生産技術の開発に加え、 将来の製品化に向けて次世代の製品開発設計も取り組んでいきます。 設計・製造、生産ライン全体の企画・構築などを推進し、 人と装置の共存生産ラインを追及します。

Manufacturing technique

生産技術

塗装メカニズムにマッチしたロボット制御により、 滑らかで効率のよい塗装軌跡と塗着効率を追求しています。 射出成形では、ハイサイクルと安定した品質の成形条件を目指しています。

Preservation

保 全

保全では金型冷却経路の洗浄によって、適正な金型温度を保ち、 安定した品質の生産を可能とします。 金型ごとに品質カルテを作成し、計画的なメンテナンスを行い、 予防保全に努めています。

Production

生 産

塗 装Painting 最新塗装ラインでは、カートリッジによる塗料替えにより、 小ロットの塗装にも対応しています。

成 形Molding大型射出成形機によって、主に自動車用バンパー、オーバーフェンダー、 タイヤカバー等々の成形を行っています。 最新の電動射出成形機の特徴 サイクルタイムが従来の同クラス油圧機と比べて約30%短縮。 高トルクで大容量のDDサーボモータによる、高速型開閉システム、 高速可塑化システム、加えて2プラテン型締め機構、 ハイブリッド型電動システムを採用することで、 省スペースと省エネルギーを図りました。

レーザー加工Laser processingロボット搭載の高出力CO2レーザー加工機によって、 バンパー穴加工を行っています。 コーナーセンサーの取り付け穴、スポイラーの取り付け穴、 4WDのウインチ取り付け部分など様々なレーザー加工が可能です。